快適な住空間を作る無垢の家

木は日本の気候風土にあった建材

日本人は、昔から木で家を建ててきました。それは、資源として豊富に手に入りやすかったということもありますが、木の持つ調湿性が湿度の高い日本の風土に合っていたためと考えられます。

建設業界では、大量に住宅を建設するために様々な素材が使用されています。
しかし、化学的な建材を使用したり、室内の湿気を上手に室外に排出できないことにより発生するカビやダニがシックハウスの原因となっているのです。
大げさな言い方かもしれませんが、シックハウスの発生は建設業界に対する自然からの警告なのかもしれません。

木の家のメリット

「木」は建材として住宅建設に使用することにより様々なメリットがあります。

自由な設計が可能

木を使う伝統的な工法は、「軸組み工法」です。これは、柱、梁、桁などをくみ合わせ、屋根を支える工法です。
木造住宅は設計の自由度が高く、他の工法では出来ない設計が特徴です。
住む人それぞれ個性や暮らし方に合わせて、どんな家づくりにもお応えいたします。

二世帯住宅にも対応します。

最近施工が多くなっているのが「二世帯住宅」です。
「二世帯住宅」では、異なった世代の家族が一つの家に住むわけですから、生活サイクルも嗜好も異なるのも当然です。
設計の自由度の高い木造住宅であれば、どのようなご要望も叶えられる住宅建築が可能です。

木は耐火性も高い建材です。

意外と思われるかも知れませんが、木は鉄よりも火に強いのです。確かに木材は燃えやすい性質を持っていますが、ある程度の太さや厚さをもった木材は、燃えたとしても表面が炭化するだけで火が内部まで進行することはありません。
火に強いと考えられている鉄の場合は、550度を超えると急に柔らかくなり変形してしまい、一度変形した鉄を直すことは非常に困難です。
実際の火災では700度~950度に達するといわれていますが、そのような場合でも木は鉄よりも火に強いのです。
さらに、木は万一の火災の時でも有毒ガスが発生する心配がありません。

木の家は耐震性の高い住宅です。

木材は、軽くて強い材料です。同じ重さの鉄と材木では、杉材の場合、圧縮は約2倍、引っ張り強度は4倍あります。
日本のように地震が多い国では、構造材自体が軽く強い事は、地震には大変有利なことなのです。
地震によって倒壊した住宅は、もともとの耐震強度が弱い構造の家です。青木建設の木の家は十分な耐震強度を持つよう計算された住宅です。

木造住宅の耐久性

日本が世界に誇る木造建築物の代表は、「法隆寺」です。この建物は、1,300年以上前に建設されましたが、建物はおろか内部の宝物までも劣化させることなく保存されていることは驚くべきことです。

このように、木は非常に耐久性の高い建築資材なのです。木は腐朽菌が発生することで腐っていきます。そして、腐朽菌が発生するためには、空気と水分が必要なのです。ですから、木に余分な水分が含まれないよう調整することができれば、木の家をいつまでも長持ちさせることが出来るのです。

坂田木材住宅では、快適な住空間を創るために無垢の家を建てています。

家族の笑顔は「木のぬくもり」がつくります。

木の家には、住む人に安らぎを与える効果があります。
木が発散する消臭効果のある成分フィトンチッドで快適な生活を送ることが出来ます。

木の家は、落ち着いた暮らしを実現し、家族の笑顔を増やす家なのです。

元材木屋が選ぶ「本当の木の家」を展示室(事務所)でご確認頂けます。メールでお問い合わせ