住宅ローン講座

1.毎月いくら払えるのか調べましょう

一般に、住宅ローンの返済期間は30年~35年間といった長期となるため、返済終了後まできちんと支払いすることができるよう、余裕を持った資金計画、返済企画を立てることが重要です。
「住宅ローンはいくら借りられるのだろう?」ということを第一に考えてしまいがちですが、借りられるだけ借りて、無理な資金計画・返済計画を立ててしまうと、将来、返済が困難になり、最悪の場合、せっかく手に入れた住宅を手放すことになってしまいます。

そんなことにならないよう、将来のライフイベントを踏まえ、「毎月○万円なら返せるけど、住宅ローンはいくら借りられるのだろう?」と考えることが重要です。

はじめに、毎月いくら支払うことができるかを現在の家計収支を見ながら確認してみましょう。

まず、家計収支を確認しましょう

現在の家計収支を以下の項目にそって、まとめてみてください。

毎月支払うことができる金額はいくら?

確認した家計収支のうち、毎月の支払にあてることができる金額は、「住居費」「駐車場代」「住宅取得のための積立(毎月)」の合計になります。
また、ボーナス月には「住宅取得のための積立(ボーナス)」がありますので、その金額を毎月分に回した金額の合計が毎月支払うことができる金額となります。

この金額が、住宅ローンとして毎月支払いができる金額となりますが、あくまでも住宅取得前のものです。
入居後は、住宅手当が支給されなくなったり、光熱費が増加するなど、収入と支出の内容が変化しますので、この金額を上限と考え、金額を毎月の支払いに充てるのではなく、若干の余裕を持った計画にした方が安全です。

2.入居後に必要になるお金

税金などの費用を毎月支払う必要があります。

「家賃並みの住宅ローン返済で夢のマイホームが手に入ります」をいった言葉で集客しようとする広告があります。しかし、入居後に支払うお金は住宅ローン返済だけではありません。
住宅ローン返済以外にも固定資産税・都市計画税が毎年課税されます。また、団体信用生命保険に加入する場合や火災保険・地震保険などに加入した場合は、保険料を毎年支払う必要があります。

住宅ローン以外の主な支出(毎年)

  • 固定資産税
  • 都市計画税
  • 団体信用生命保険料
  • その他保険料(火災保険・地震保険等)

これらの費用は、建設費や住宅ローンの購入額によって異なります。

ライフイベントを念頭において考えよう

確認した家計収支のうち、毎月の支払にあてることができる金額は、「住居費」「駐車場代」「住宅取得のための積立(毎月)」の合計になります。
また、ボーナス月には「住宅取得のための積立(ボーナス)」がありますので、その金額を毎月分に回した金額の合計が毎月支払うことができる金額となります。

住宅の点検・補修費用が必要になります

住宅は施工時をピークとして、時間の経過とともに性能が低下していきます。住宅を長持ちさせるためには、定期的に点検・補修する必要があり、そのための費用が必要になります。
定期的な点検・補修のための費用を積み立てておくと安心です。

毎月の住宅ローン返済可能な額はいくらなのか?

1~3でご説明したように、住宅ローン以外にも支払い積み立てが必要になる費用があります。
この差額が、住宅ローン返済可能額となります。

3.住宅ローンはいくら返済できるか考えてお金を借りる

前項で確認した毎月の住宅ローン返済可能額をもとに、住宅ローン借入額を算出することができます。
次の表を使って、住宅ローン借入額の目安としてください。

4.自己資金(現金)はいくら用意できるのか

家づくりの具体的な検討に入ったら、定期預金、財形貯蓄など、住宅取得のための自己資金(現金)として使える貯蓄がいくらあるか確認してください。
その際、それぞれの貯蓄商品の満期がいつなのかを確認しておくことが必要です。
家づくりの費用の支払いは、一般的に一括ではなく数回に分けて支払います。いざ、現金が必要になった時に満期が到来していないと、途中解約することになってしまいます。そのようなことをしなくてすむように、満期日の確認が必要なのです。

5.「自己資金(現金)=頭金」ではない

家づくりのための自己資金(現金)は、頭金、諸費用、耐久消費財購入資金を合計した金額以上の額が必要となります。
「自己資金(現金)=頭金」として、契約してから諸費用が必要であることに気が付いたり、入居後に部屋のサイズに合ったカーテンを購入する費用が必要であることに気が付いた。などという失敗談もあります。

住宅取得に必要な貯蓄額

  1. 頭金
  2. 諸費用
  3. 耐久消費財購入費
  4. 不測の事態、ライフイベントのための備え

※この中で、1~2が住宅取得のために最低限必要な自己資金(現金)となります
また、長期にわたる返済の途中には、病気やケガ、転退職などの不測の事態によって収入が減少する可能性もあります。そのような事態に備えて、少なくとも半年分の生活費がまかなえる程度と当面のライフイベントのための貯蓄を残しておくことが理想的です。

頭金は最低でも建設費の20%は必要

住宅ローンの融資限度額は、建設費(住宅ローンによっては土地購入費含む。以下同じ)の80%までが一般的ですから、頭金は最低でも建設費の20%は必要となります。
建設費の80%以上の融資が受けられる住宅ローンもありますが、家計に占める住宅ローンの割合が高くなり家計を圧迫する恐れがあります。
頭金は多ければ多いほど住宅ローン借入額が少なくなるので、毎月の返済額や総返済額が少なくなり、家計への負担も軽くなります。

また、将来、住宅を売却することになった時、住宅ローン残高より売却価格が低くなってしまう場合は住宅ローンが残ってしまいます。
このような事態を防ぐためにも、充分な頭金を用意して住宅ローンの借入額が少なくなるようにすることが大切です。

諸費用として建設費の10%程度は必要

頭金の他に、手数料や税金などの諸費用がかかります。諸費用の金額は建設費の10%程度必要になります。
土地を購入する場合は。土地の仲介手数料が仏要となるため、10%以上かかる場合もあります。

6.土地購入+建築費の目安の確認

住宅ローン借入額や用意できる頭金の金額を確認したら、それぞれの金額を合計します。この合計金額は、土地購入費・建設費の目安となります。

※この中で、1~2が住宅取得のために最低限必要な自己資金(現金)となります
また、長期にわたる返済の途中には、病気やケガ、転退職などの不測の事態によって収入が減少する可能性もあります。そのような事態に備えて、少なくとも半年分の生活費がまかなえる程度と当面のライフイベントのための貯蓄を残しておくことが理想的です。

以上が、土地購入費・建設費の目安となります。これから具体的に家づくりをスタートされる場合は、ぜひお問い合わせください。

元材木屋が選ぶ「本当の木の家」を展示室(事務所)でご確認頂けます。メールでお問い合わせ