ペット共生住宅

ペットは暮らしのパートナー

現在、日本でペットを飼っている人は、全体の約30%になっているといわれています。つまり、3人に一人がペットと暮らしているということになります。
ご自身でペットを飼っている人はもちろん、友人や親せきの方がペットを飼っているという人も多いのではないでしょうか?

少子化や核家族化やペットブームにより、ペットと共に暮らすための「ペット共生住宅」に人気があつまっています。

ペットと暮らす家

一般的に、規制がない限りペットと暮らせない家というものはありません。しかし、人とペットが快適に生活できる家は少ないのです。

人とペットが共生し、快適に生活するためには家に下記のような工夫をすることがポイントです。

ペットが暮らしやすい空間づくり

ペット専用の通路のある室内ドア
室内のドアの下にはペットがくぐれる穴をあけて、自由に部屋を出入りできるようにします。
広い室内空間
ペットは家族の一員です。ストレスを溜めず、のびのびと生活できる空間は大切です。
専用トイレ
躾のためにも、ペット専用トイレを設置する定番のスペースをつくります。

滑らない床
一般的なフローリングは滑りやすく、ケガの原因になってしまいます。ペットの安全を考えて滑らない素材を使用します。

世話をしやすいための工夫

洗えるカーペット&畳
カーペットはノミやダニが発生しやすい素材です。ですから家でも簡単に洗えるものを設置します。
家の出入口に足洗い場
散歩から帰ってきたらペットの足を洗うために玄関に足の洗い場を設けます。また、ペットの体を洗えるような大きさにしておくと便利です。

室内の工夫

ペット対応壁紙&壁
壁紙の種類は多数ありますが、抗菌、脱臭、除湿機能があるものや水拭きできるものなどを採用します。>br>また、傷を防止するためには、壁の下の部分の素材を傷に強いものに変えることも必要です。
ペット対応タイル&フローリング
脱臭・除菌効果のあるペット対応の壁用タイルがあります。また、フローリングの部屋では傷が付きづらい素材を選びます。
防音効果
ペットの鳴き声は場合によっては近所迷惑になってしまいます。サッシや壁、天井などに工夫をこらして防音対策をします。
坂田木材住宅では、以上のような点に考慮しながら、ペット共生住宅にも対応した家づくりをいたします。

元材木屋が選ぶ「本当の木の家」を展示室(事務所)でご確認頂けます。メールでお問い合わせ