安心の保証制度

お客様と一生涯のお付き合い

当社では、当社では財団法人住宅保証機構(まもりすまい保険)による10年保証をお付けしています。
10年保証とは、逆の見方をすれば11年目以降は保証しないという意味にも取れますが、当社の場合は、10年後以降も一生涯責任を持ってお付き合いさせていただきます。

安心の保証制度

完成保証制度への対応

完成保証制度には、下記の2つのタイプがあります。

  1. 万一建設会社が建設途中で倒産してしまった場合、保険で工事金額のみを保証し、お施主様が次の建設業者を探す。
  2. 万一建設会社が建設途中で倒産してしまった場合、保険会社が建設業者を探し、完成した建物をお施主様にお渡しする。

万一の場合でも、お施主様に極力ご迷惑をおかけしないよう、当社では2の方法に対応する保険会社をおすすめしています。

地盤保証システム

家が傾く、ドアが開かない、壁にヒビが入るなど、家のトラブルの約7割が地盤に関係しています。
地盤が原因のトラブルはお住まいになってから2~3年で発生しますが、坂田木材住宅では、第三者による地盤調査を行い、万一のトラブルを防いでいます。
また、調査の結果、軟弱な地盤であると判断された場合は適切な処置をいたします。
保証期間はお引渡し後10年間です。

瑕疵担保責任保険「まもりすまい保険」

住宅の建築中に第三者による現場検査を2回~3回行います。また、完成後に構造上の主要な部分のトラブルや雨水の侵入があった場合、その修繕費用を一定の限度額の範囲内で保証する制度です。
また、保証期間中に会社が倒産した場合でも、財団法人住宅保証機構が保険金をお支払いいたします。
保証期間はお引渡し後10年間です。

保険についての考え方

住宅における保険とは、住宅に問題があった時の対応として考えるべきものです。
住宅建築は構造体や雨水の浸入を防ぐ部分など、お客様の目には見えないが重要な部分があります。しかし、もっと大切なことは保険を必要としないこと、つまり不具合のない家をつくることだといえます。
坂田木材住宅では様々な保証制度をご用意していますが、最終的にめざす建築は保険を必要としない住宅です。お客様により快適な生活をおくっていただくために、その部分には最大限の意識を注いでいます。
ここでご理解いただきたいのは、「保険を見て家の本質を見ない」ということがないようにしていただきたいということです。保険があるから安心なのではなく、不具合がないから安心なのです。
保険は不具合が生じた時に直すというものです。10年間の保険の内容は建設会社にとって当たり前の内容です。10年間の保険を裏読みすれば、10年経てば補修義務から逃れられるということにもなります。
長い保証期間や保証範囲の広さなどばかり気にして家の本質を見ないと、毎年数か所ずつ修理が必要な家に住む結果になることもあるということです。
坂田木材住宅では、お子様の成長や家族構成の変化などによる増改築などの大きなリフォームを除き、細かな修理をしなくても住むことができる家づくりを目指しています。

安心のアフターサービス体制

坂田木造住宅では、第三者による保証だけではなく、自社独自のアフターサービス制度もご用意させていただいております。

スタッフによる定期訪問

お引渡し後、3ヶ月・6ヶ月・1年・2年目・5年・10年に当社の専門スタッフが施主様のお宅に訪問させていただき、点検・調整をさせていただきます。引越しをされた当初は問題がなくても、生活をしていく中では小さな問題が発生してきます。どのような小さな問題であっても、お気軽にご相談ください。

トラブルには即対応

坂田木造住宅では、定期訪問以外でも万一住宅に不具合が発生した場合は原則として即日対応させていただいています。会社が定休日の時でも必ず連絡が取れる体制にあり、可能な限り早く適切なスタッフを派遣させていただきます。
住宅に不具合が起こった時のお客様の心境はとても不安なものです。そこで、極力当日の内にわが社の工事担当者がおうかがいし、その不安を取り除けるよう配慮しています。
業者の手配や材料の調達の関係で即日に対応できない場合でも、最短で不具合を解消できる体制をとっています。
ちょっと気になることでもお気軽にご連絡ください。
親身に即日対応をさせていただきます。

元材木屋が選ぶ「本当の木の家」を展示室(事務所)でご確認頂けます。メールでお問い合わせ